前半は科学一般で有用な統計学の基礎的な概念や計算方法を学ぶ。後半はいくつかの農業関連データ(農林業センサスや農業物価指数など)に対して、前半の統計手法の応用方法を学ぶ。